資格があれば有利になる

昨今、日本では介護や福祉に関わる人材が求められている。これには、高齢化の背景が大きく影響しているようだ。実際に、ここ数年介護福祉に従事する人は増加傾向にある。この仕事を目指す人の多くは、それに特化した学校に通って基礎を学び、必要な技能や資格を備えるのが一般的だ。しかし、働き手の需要増加もあり、全くの未経験者が転職をきっかけに、介護福祉業を目指すケースも増えてきている。
未経験者がこの業界への就職を考えた時にネックになるのが資格だ。人と密に接する仕事ゆえに、知識や技能を備えていることが求められるのだ。そのため、未経験・無資格では、良い条件での就職が難しくなってしまう。つまり、この仕事を目指すのであれば、できるだけ資格取得も視野に入れて臨むことが大切だ。どのような業務をしたいかによっても、取っておきたい資格は異なる。中には、数年の実務経験が必要なケースもあるので、どの資格でも簡単に取得できるというわけではない。比較的取得しやすく、転職に活かせるものでは介護職員初任者(旧ホームヘルパー2級)資格が代表的だ。これは、施設実習を含む130時間の研修を受け、修了試験をパスすれば取得できる。
「未経験者だけど少しでも早く仕事に就きたい」という人は、専門の転職サイトやエージェントを利用するという就職活動方法もある。未経験や無資格でも、この方法であれば就職活動のサポートはもちろん、働きながら資格取得を目指せる可能性は高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です